デジタルプリント・インクジェット捺染では、自社独自考案のオリジナル前処理機を2機設備し
オンリーワンの技術で長繊維織物素材から、短繊維ニット素材まで全素材のプリント捺染が可能です。
オートスクリーン捺染やロール彫刻捺染とは全く異なる捺染方法です。
品質に対するこだわりや企画提案を武器に,次世代のビジネスモデルを展望しながら、
モナリザのプリンターならではの表現をインクジェットでプリントし世界に発信します。

工程紹介

デザイン → 画像処理 → 前処理 → プリント → 蒸し加工 → 整理加工 → 仕上げ

図案データ制作/出力ソフト

Adobe photoshop CC
Adobe Illustrator CC
Wasatch SoftRIP
ColorBlend
Epson Edge

入稿データのファイル形式
Adobe photoshopソフトによる図案データ(ファイル形式 .psd/.tiff)
配色や出力後のカラーマッチングをお求めの場合の分色された図案データ。
(レイヤーによる分色データ:ファイル形式 .psd/.tiff)(チャンネルによる分色データ:ファイル形式 .psd、モード:マルチチャンネル)
Illustratorデータ(.ai)の入稿をご希望のお客様は、
リピート位置とアートボートのサイズを合わせ、データサイズがphotohopデータに書き出せる容量であることをご確認の上、入稿してください。
ただし、トラブルを回避するためにも原則的にAdobe photoshopソフトによる図案データでの入稿をお願いしています。
図案制作のご依頼につきましては、お問い合わせの上、その内容をお伝えください。

Monna Lisa Evo Tre 32

2019年9月より導入しています。特徴や仕様について(EPSON公式HP)

Monna Lisa EVO

高速・高品質の「モナリザ・エヴォ」。国内初導入のこのインクジェット捺染機は
プリントヘッドを32ヘッド搭載し
720dpi×720dpiモード・4パスの高画質モードでも時速210平方メートルと高速生産が可能
捺染幅は66インチW幅まで可能です。

PAGE TOP